宿泊施設の違いで決める

同じ合宿プランでも、価格が違えばやはり随所の質も変化することになります。最も影響を受けるのが宿泊施設や生活に関する項目です。安い合宿プランの場合、宿泊施設も個室ではなく大部屋で他の人と一緒に生活しなければならないということもあり得ます。2、3日ならばお泊まり会気分で楽しめるかもしれませんが、2週間もの期間、生活を共にするわけですので、これがストレスの原因になってしまうこともあります。宿泊施設が充実している自動車学校の合宿プランの場合、個室2、3人の相部屋が用意されていて、プライベートな時間も楽しむことが可能になっています。価格の安さを追求して、それくらいのストレスは我慢するのも手ですし、少々値が張っても宿泊施設の充実度を選びたいという方もいることでしょう。

食事食事についても自動車学校によって特色が異なります。まず1日に何食出してくれるのかという点で違い、朝晩の2食だけ付いているところや、3食全て付いているというところもあります。あるいは安さのみを重視している学校だと自炊プランなどの食事が付いていないという学校もあるため、事前に調べたうえで利用したいところです。

自動車学校によってはこの食事を売りにしているところもあり、その学校ならではのメニューを堪能できるということもあります。合宿免許情報サイトの合宿免許HUNTERでは「食事が自慢の教習所」「温泉の入れる教習所」など、各教習施設の売りを分けて紹介しています。しばらく滞在する施設ですので、出来るだけ楽しみのある場所を選んであげると良いでしょう。事前調査は非常に大切ですので、ぜひ参考にして自動車学校選びを進めてください。